Unity

  • Jan
  • 21
  • 2014

平面方向の取得の注意点

先日、スワイプ方向の取得を書きましたが、トライアンドエラーで発見した物について書きます。
vector2.Angel
上で万事解決かと思いましたが、上の処理は、A点から、B点の角度を取得すると思っていましたが、(0,0)からA点、B点の角度を取得するものでした。
参考サイト
Vector2.Angleの起点は、(0.0)です
  • Jan
  • 21
  • 2014

inputtouchでのスワイプ処理

Asset「inputtouch」を利用して、Unityでスワイプの実装を試みていましたが、どうも上手く行かず困っていました。原因は、スワイプ方向の判別の方法でした。対応策として、0〜360度で判別する方法で対応した方法です。下のコードは、0〜360に変換する方法です。
//ラジアン保存用
var rad : float;
//二点間のラジアン角を求める
rad =Mathf.Atan2(goal.transform.position.y - this.transform.position.y,
goal.transform.position.x - this.transform.position.x);
//角度に変換 -180~180 
var kakudo : float = rad * Mathf.Rad2Deg; 
//角度を0~360に(おこのみで)
if(kakudo<0) {
kakudo = 360 + kakudo;
}
参考サイト
Vector2、平面、スクリーン座標上の、二点間角度の求め方

  • Jan
  • 19
  • 2014

Unityエディタの日本語入力対応法

Unity3D純正のMonodevelopは、日本語コメントが入力ができないことや、上手く終了しないなど使い勝手がいまいちなので、変更しました。リンクからダウンロードし、既存の monodevelop-unityの、addInsからunityとついているファイルとBackendBindingsの中身をすべて移動して、起動する。上手く動けばOK。
しかし、Unityscriptが上手く動かないので、C#ユーザー向けだと思います。 対応策は、今後しらべて行きます。

参考サイト

痛develop